ETM研究会の活動

例年会員数は約70名。事務的な活動は、運営委員によって

行われております。

隔月のインフォメーションレターや、年に2回の

ニュースレターを

発行しております。

夏休み、春休みを利用したの親子対象のキャンプや、

ETMリーダー養成のために、北米から指導者を招いての

ワークショップの開催などを行っています。



例会や練習会の内容

各地の例会では、ゲーム、子どもセッション

(リーダーと子ども達はETMゲームで遊び、

大人はその様子をまわりで見る形式)のほか、

ETMフィロソフィーの勉強会も行われており、

創設者メアリー・へレン・リチャーズの著書を読んだりしています。


 

例会以外にも、各地でETMの会が行われています。

どうぞふるってご参加ください!  

 



子ども達は、ETMゲームの中で初めから全員が歌ったり、

発話したり、アイディアを出したりするとは限りません。

 

ゲームの間中一言も発しなかった子が、家では一人で歌を口ずさんでいるということもあるでしょう。

人の学び方は、誰もが同じなのではなく、

「どの子も、その子なりの時に、その子にあった場所や方法で学んでいく」のです。

 

ETMでは、子ども達一人一人の学び方の違いを尊重しながら、

それぞれが個性を生かして

成長していくことができるような環境を提供します。

 

そして、子ども達がゲームの体験を通して、

互いの心の壁を取り除き、友達どうしが尊重し、

協調しあえるようになり、

自分自身に自信と確信を持って自らの才能を切り開いていくことのできる

自律的な人間になることを願っています。 

 

ETM研究会についての情報は、このホームページでもご覧になれますが、

ETMの学びには、文章でも映像でもなく、自らの体験が不可欠です。

毎年夏に北米で開催されるサマーコースを初め、

各地の例会や練習会への参加をおすすめします。